KEIKYU ACCELERATOR 志で未来をつくろう。

SCROLL DOWN

OUR VISION モビリティを軸とした豊かなライフスタイルの創出

ヒトやモノの移動="モビリティ"は、AI、IoT、5G、VRといったテクノロジーの進化と、それに伴う人々の価値観の変化に伴い、大きな転換期を迎えています。

これまで100年以上にわたり、人々の生活を支える移動インフラを中心にビジネスを展開している鉄道会社のビジネスにも、いま既存の枠を超えたイノベーションが求められています。

私たちは、こうした変革の最前線で、スタートアップなどの外部パートナーとのオープンイノベーションを推進し、リアルとテクノロジーの融合による移動"手段"のアップデート、そして、その"目的"となる多彩な顧客体験を生み出すことを目指しています。

本プログラムでは、このビジョンの実現に向け、スタートアップのプロダクト・サービスの社会実装を京急グループとともに推進し、事業共創による新しい価値の創造を進めてまいります。

FEATURE プログラムの特徴

  • 京急グループとの事業共創

    原則、採択企業とは京急グループの事業基盤を活かしたPoCの実行し、その後の本格的な事業提携(資本業務提携を含む)を検討します。

  • サムライインキュベートからの支援

    「Samurai Incubate Fund 6号 投資事業有限責任組合」と連携し、早期の資金ニーズに対応。プログラム期間内には、メンタリング等による事業成長のサポートを行います。

  • オープンイノベーション拠点“AND ON SHINAGAWA”の活用

    京急電鉄が運営するオープンイノベーション拠点を、プログラム期間内に利用可能です。

“AND ONパートナー”との連携・サポート

“AND ON SHINAGAWA”において、スタートアップの成長支援や、製品・サービスの社会実装をサポートしている“AND ONパートナー”との連携が可能です。複数社による共同のPoC支援なども検討します。

京急グループでは、アクセラレータープログラムを中心に、オープンイノベーション拠点“AND ON SHINAGAWA”の運営、VCファンド・スタートアップへの投資、イベント開催など様々な取り組みを通じ、“イノベーション・エコシステム”の構築を進めています。

THEME 第3期京急アクセラレータープログラム募集テーマ

今期は「リアルとテクノロジーの融合による新しい顧客体験」をテーマとし、「①沿線地域にこれまでにない新しい体験を付加するもの」と「②既存事業領域をデジタル・テクノロジーでアップデートするもの」の2つの方向性で、スタートアップとの事業共創を進めます。

「Mobility」「Living」「Working」「Retail」「Entertainment」「Connectivity」の6つの領域で、その実現を目指します。

Mobility

沿線地域にこれまでにない
新しい体験を付加するもの
パーソナルモビリティ、デマンド型交通、水上交通、エアモビリティなど
既存事業領域を
デジタル・テクノロジーで
アップデートするもの
配車、案内、チケッティング、点検業務などにおけるテクノロジーの活用

Living

沿線地域にこれまでにない
新しい体験を付加するもの
地域情報の統合、防犯・防災、住宅向けモビリティ、シェアリングサービスなど
既存事業領域を
デジタル・テクノロジーで
アップデートするもの
賃貸仲介、新規物件の販売・分譲、タウンマネジメントなどにおけるテクノロジーの活用

Working

沿線地域にこれまでにない
新しい体験を付加するもの
オフィスとモビリティの連動、出張の手配、オフィス向けの飲食サービスなど
既存事業領域を
デジタル・テクノロジーで
アップデートするもの
リーシング、点検業務、警備、清掃などにおけるテクノロジーの活用

Retail

沿線地域にこれまでにない
新しい体験を付加するもの
体験型店舗、パーソナル・リコメンド、デジタル広告、無人店舗など
既存事業領域を
デジタル・テクノロジーで
アップデートするもの
リーシング、需要予測・分析、仕入れ、配達、物流などにおけるテクノロジーの活用

Entertainment

沿線地域にこれまでにない
新しい体験を付加するもの
観光資源の発掘・活用、パーソナル・リコメンド、位置情報やVRを活用したゲームなど
既存事業領域を
デジタル・テクノロジーで
アップデートするもの
宿泊・娯楽施設の需要予測、分析、ガイド、警備、清掃などにおけるテクノロジーの活用

Connectivity

沿線地域にこれまでにない
新しい体験を付加するもの
複数領域をまたぐ検索・予約・事前決済、リコメンド、送客など
既存事業領域を
デジタル・テクノロジーで
アップデートするもの
各事業領域におけるデータの統合、分析、予測などにおけるテクノロジーの活用

MENTOR 第3期京急アクセラレータープログラムメンター

  • Coral Capital
    創業パートナー

    澤山 陽平

  • インキュベイトファンド株式会社
    代表パートナー

    村田 祐介

  • KLab Venture Partners株式会社
    代表取締役社長/
    パートナー

    長野 泰和

  • 株式会社サイバーエージェント・
    キャピタル
    代表取締役社長

    近藤 裕文

  • Draper Nexus Ventures
    Managing Director

    倉林 陽

  • 株式会社ジェネシア・ベンチャーズ
    ジェネラルパートナー

    鈴木 隆宏

  • 株式会社ウェイウェイ 代表取締役
    ヤフー株式会社
    コーポーレートエバンジェリスト
    Yahoo!アカデミア 学長

    伊藤 羊一

  • 株式会社サムライインキュベート
    創業者 代表取締役
    共同経営パートナー

    原 健太郎